松山市の自宅を介護リフォームしました

母親がある日夜中に起きた時にベッドから落ちしまい、腰を骨折してしまいました。整形外科の先生は手術するかそのままくっつくのをまつかのどちらかだと。
母親ももう90歳を超えていましたので、今更手術をするのはいやだと。手術をしないとどうなるのですか聞くと、歩けなく可能性が出てくるとか。母親のたっての希望なの出手術しないことにしました。それで1か月ちょっと入院していました。

帰宅してからが大変でした。しばらくはおしめで過ごしました。やく1か月は寝た切りでしたね。カミさんが苦労したと思います。
それでも母親は両手杖で部屋の中は、どうにか歩けるようになりました。要介護は2だということでした。自宅のお風呂には入れないので、1週間2回デイサービスに通うようになりました。

その後母親が歩くのに段差があっちこっちあったので、スロープを介護保険でつけてもらいました。
少し経って玄関先の雨樋からの雨洩りです。
よく見てみると雨樋から穴があいているのです。
これは昔の板金で今では、もう板金屋さんはあまり見かけません。

「リフォームは比較サイトを利用した方が良い」と聞いたことがあったので、早速利用して業者を選びました。

※参考にしたサイト:リフォーム松山

よく見ると隣の町内の業者です。ホームページでも調べました。一応いいことがかかれていました。業者はもう40年の営業の実績があると。

また私が使っている信用金庫との取引先です。その上町内会の住所録にも広告を載せているさきでした。
信用金庫にも営業等について聞きました。すると今まではトラブルみたいのことはなく、順調に営業していると。そのため信用しました。

それで見てもらいました。
見てもらった先は雨樋と玄関先の廊下の傷み具合でした。
雨樋は塩ビに取替えだと。廊下は多少ぶかぶかしていました。
これは下にもぐって見てみないと何とも言えないと。そこでもぐってみてもらいました。すると根太が2ついかれていると。
もう40年近く使っていれば、そろそろ替えどきだろうと。

その上母親の歩きぶりを見て、廊下等と婆さんの部屋とトイレを一体化して、バリアフリーにしてはどうかと。
この提案を検討してみました。雨樋の交換が150万円。廊下の取り替えが約100万円。その他母親の部屋のバリアフリーとトイレのバリアフリーと壁紙の交換等が150万円だと。

まあ母親が歩けやすくなるのであれば仕方がないと思いました。母親は両手杖で歩いています。もう右足がほとんど上がらないのです。ちょっとの段差でも苦労していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です